理不尽に耐えよ

相場の世界でも理不尽だと思うことが多いです。

今日は買い建てしてたら損切にあって、売り建てしてたらぬか喜びだったという日でした。

画像


両建てでどっちかで利益が出て、つまり、買いの損を売りの利益が上回って、相殺してトータルで利益になるはずなのに売り買い両方とも損で、両建てしたばっかりに損失が膨らんだという日でした。

チャートを見ると、どこかの資金力のある大人(たち)が腕力というかカネに任せて相場を無理やり作ったように見えてしかたありません。

だからといって愚痴をいっても仕方ありません。

こういうのに嫌気がさして、やり方を変えたとたんに、ああ、あのやり方を変えるんじゃなかったということになることが多いです。

理不尽に耐えて、またかとニヤっと笑って平常心を保って淡々と今までどおりのやり方をこなすということですね。


資金力のある大人(たち)がって、上の方で書いたのは、
一昨日25日の日経新聞に

「個別株の全ての注文状況をリアルタイムで確認できる「フル板」と呼ばれる情報提供サービスが、個人投資家による株価操作に悪用されていた。」

というニュースが載っていたから。
この件、テレビのニュースでも流れたらしい。

詳しくはニュースを検索してください。いろんな掲示板にもスレッドが立ってましたから、そちらの方でご存知の方も多いはず。

大概は、こんなのいちいち摘発しないで悪い大人を取り締まれよという意見が多かったですね。

監視委員会の意見はというと、

「資金力のない個人でも相場を操ることは可能になっている」と監視委幹部は指摘。「たとえ少額でも不正取引を見逃すことはできない」と強調している。

とのことですが、なら資金力のある連中の大掛かりで巧妙な相場操縦もちゃんと取り締まれよといいたくもなりますよね。

でも、分かります。できないのが。そんな能力がないのが。

これは決してバカにして言っているのではありません。数学の天才たちが巨大なコンピュータを駆使して高頻度で取引してるのを追い切れるわけがないし、もし可能だとしてもそれにはとてつもない国家予算と人員をつぎ込まなきゃなくなりますから、現実問題としてやれないし、やれるとしても予算面、公務員の定員、有能な人材の大量確保の点で無理だということが。


だからなのか、摘発しやすい零細な個人の取引きを摘発してちゃんと仕事してますアピールをしたくなりますよね。


でも、これくらい見逃してやれないものでしょうか。

私はこの件の人のような能力はないし、やるつもりもないけど、ある意味(これだけのことを考えつき、それを引け間際の瞬時にやってのける能力があるという意味で)、尊敬します。

相場の世界なんてしょせん騙しあいの要素があるわけですから、むしろ、そこに参加する人たちは理不尽は承知の上でなきゃいけないってことを周知徹底させるべきでしょう。

それをいかにも公平で公正な市場を演出しようとするから、かえって不公平になってやしないかと思うんですがねえ。