円安?

円安が進んでいるそうです。
なんでも、安倍政権の失政だとか。

新型コロナウィルスに対する対応のまずさと先日(17日)発表された四半期別GDP速報値の結果を受けてのことだそうです。

日足を見ると確かに19、20日と円安が進みました。

日足.png
(チャートはSBI証券のもの)

でも、理由はそうなんだろうか?

新型コロナウィルスに対する対応は、円安が始まった19日以前からご承知のとおりだったし、GDPにしても、GDP速報値の発表は17日なので、速報値が発表されるや否や反応するはずの市場は反応せず、2日遅れなのです。

GDPが悪くなるということは予め分かっていたことなので、為替市場はそれを織り込みながらじりじりと円安方向になっていたのは分かります。

う~ん、一部で円安円安と騒ぎすぎるような気がするのですが、どうでしょう。

日足や、まして分足で見ると急に円安が進んだように見えますが、月足で見るとさほどでもないわけです。

月足.png

とかく何にでも理由をつけないではいられないのが世の常ですが、その理由が当たっているとは限らない。

でも、上記のような理由をつけてどっかがちょっとしかけてみたということはあるかもしれませんね。

相場のことは今後どうなるか分かりませんが。


FXに関するサイトを漁ってみると、大儲けした人、大損した人、悲喜こもごもで、他人事ながら相場というものは動かないと面白くないですね。



この記事へのコメント